株式会社山本通信

TEL:0120-58-1124 FAX:06-6491-8057
〒661-0977 兵庫県尼崎市久々知3丁目26-26

お問い合わせ

お問合せ先は、0120581124


 〒661-0977
 兵庫県尼崎市久々知3丁目26−26
 TEL:0120-58-1124
 FAX:06-6491-8057
 

LED照明器具におけるノイズ対策の現状

LEDライト使用でノイズが出る?

いろいろなところで、LEDライトが使用されています。
車のライトでも、LEDが使用されていますが、照度が高く、それでいて省エネということで、家庭、店舗問わず人気の商品です。
しかし、対策をしなければいけない障害もあります。
LED照明を使用することにより、周辺ノイズが発生するという意見があり、利用環境をよく確認してノイズ対策をする必要があります。
具体的に、どのようなノイズ障害が発生しているのでしょうか。
ある商店街で、街路灯をLEDタイプの電球にすべて交換したところ、周辺の地域でテレビやラジオにノイズ障害が発生していると報告がありました。
こうした大掛かりなLED交換では、障害もはっきりとわかるくらい発生することがあるのです。
そのため、大量にLEDの電球を使用する場合には、対策が必要になります。
LEDの電球は、電源コイルが磁力を発生させています。
厳密にいうと、どの製品でもある程度ノイズがでているはずです。
家庭で使う場合には問題はありませんが、同じエリアに大量につける場合には、利用環境を含め、具体的な対策が必要になることをメーカー側も認めています。

LEDライト使用でノイズが出る?

どんな利用環境で用いるべき?

利用環境に関しては、それほど厳しい条件があるわけではありません。
そこまで利用環境を気にしなければいけないのであれば、LEDライトもここまで普及してはいないでしょう。
現在では、ノイズが照明器具から外部へ漏れ出てしまわないように設計されていますので、多くの場合は障害対策をそこまで厳密に練る必要はないかもしれません。
何かの事情で特定の利用環境で、ノイズがはっきり出てしまう場合にはLEDを用いている器具同士の距離を離す必要や、ノイズ対策用の部品を追加で付けるなどの処置をしましょう。
正しい対策をして、使用するのであればLEDライトはかなりの省エネにつながります。
明るさも増しますので、とても便利で人気のある照明となります。
必要なノイズ対策をお店や業者に依頼して、活用しましょう。

どんな利用環境で用いるべき?